FXブログ よく当たるFX為替レート予想を毎日無料公開しています。

FXブログ よく当たるFX為替レート予想

勝率8割以上!?のシグナル配信
当メルマガ限定無料プレゼント情報も!

無料メールマガジン
【毎日配信 勝率8割以上!?】
よく当たるFX為替レート予想配信
   

| PAGE-SELECT |


≫ EDIT

マネックス証券「トレードステーション公式ガイド出版発表会」

【期間限定】 これでダメならFXやめろ!FX無料攻略法はこちら

▼無料提供のため、1日1回応援クリックをお願いします!
人気ブログランキング 売買シグナル配信 ←もうすぐ1位




11月14日(月)、コングレスクエア日本橋で行われたマネックス証券の「トレードステーション公式ガイド出版発表会」に参加してきました。

⇒ トレードステーションの詳細はこちら


当日は、『トレードステーション入門』の実業之日本社 安田編集長のあいさつや、AMEMIYA氏によるお祝いソング披露、杉原杏璃さんと著名トレーダートークショーが行われました。






グラビアアイドルで30万円から1,000万円を稼ぎ出した杉原杏璃さんと、著名トレーダーのけむ。さん、カグラさん、テスタさんによるトークショーでは、様々なトレードスタイルやトレード方法を披露していただき、大変勉強になりました

今回出版された『トレードステーション入門』には、基本的な使い方から応用までを網羅、カスタムインジゲーターの袋綴じ特別付録も付いています。

今回紹介されたトレードステーションですが、これまでにない高機能で、初心者から上級者まで満足できるツールとなっています。


<トレードステーションとは>


トレードステーションは、ビルとラルフという兄弟が投資失敗の経験から、個人用のトレーディングツールを開発しようとしたのが始まりです。

この2人はもともとヴァイオリニストを目指していて、ジュリアード音楽院で学び数々のコンクールに入賞するなど異色の経歴の持っています。

1991年に発売されて以来、トレーダーや業界の専門家に圧倒的に支持されており、米国では取引システムランキングで数々の受賞歴を誇っています


<トレードステーションの魅力>

【レーダースクリーン】
1,000~2,000銘柄表示することが可能、アラート機能も搭載。
同時に、売買サインが発生したテクニカル指標も確認することができます。






【豊富な情報の板注文画面・アルゴ注文】
板情報だけでなく価格帯別出来高も同時に分かります。
アルゴ注文なら、半自動売買も可能




【充実したテクニカル指標】
多彩なテクニカル指標に加え、ストラテジーを設定してバックテストを行うことも可能です。




【Easy Language(自動売買)】
プログラミングによる自動売買や、インジケーターを自作することもできます。




また、取引手数料についてもかなりお得になっていて、約定金額1,000万円の手数料では業界最安値となっています。







| セミナー | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【M2J】株価指数CFD リリース記念セミナー

【期間限定】 これでダメならFXやめろ!FX無料攻略法はこちら

▼無料提供のため、1日1回応援クリックをお願いします!
人気ブログランキング 売買シグナル配信 ←もうすぐ1位




10月27日(木)、マネースクウェア・ジャパンの株価指数CFDリリース記念セミナーに参加してきました。




株価指数CFDは、日本の株価指数である「日経225」のほか、米国の「NYダウ」、ドイツの「DAX®」、イギリスの「FTSE100」といった海外の株価指数もトレード可能な商品です。

ほぼ24時間、祝日でも取引が可能なうえ、先物と異なり決済期限がないのでいつまでもポジションを持つことができ、さらに配当相当額も受け取れます

<株価指数CFDの主な特徴>

①日経やNYダウなどの株価指数が取引できる
②ほぼ24時間祝日も取引できる
③決済期限がないので長期保有も可能
④配当相当額が受けられる
⑤少額の資金でも取引を始められる
⑥「売り」空も入れる
⑦円貨での取引
⑧証拠金は取引所が全額保護






最大の特徴は、マネースクウェア・ジャパンならではのトラップリピートイフダン®(トラリピ®)も、この株価指数CFDで利用できることです。

当日は、実際にトレードをしているトレーダーの「つなぎ売りトラリピ」戦略が公開され、2016年7月までに約30%の運用益を記録したことが示されていました

続いて、ストラテジストの岡崎 良介氏による「証拠金取引を活用した新たなトレーディング戦略」の講演もあり、日経平均、NYダウ、ドル円の3つを組み合わせたトレードでの活用方法が紹介されました。



<トラリピとは>

新規と決済の注文を同時に発注できる「イフダン注文」を、最大25本まとめて発注することができ、かつ1本1本のイフダンが、“新規→決済→新規→決済・・・”と注文を繰り返す「リピート機能」を有することで、相場を予想する負担を軽減します。ある一定のレンジ(範囲)で上下をくり返す相場で手間なく何度も収益機会を狙うことを目的として開発され、特許を取得しています。







これまで、他社の株価指数CFDを利用したことはあったのですが、マネースクウェア・ジャパンのようにトラリピと組み合わせて利用できるというのは画期的でした。

株価指数CFD自体はFX並に使い慣れているので、機会があればトラリピと組み合わせ、ブログの方でも紹介できればと思っています





会場では、各種レポート・パンフレットのほか、トラリピ君クリーナーももらいました




| セミナー | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マネックス証券の新ツール「トレードステーション」の紹介

【期間限定】 これでダメならFXやめろ!FX無料攻略法はこちら

▼無料提供のため、1日1回応援クリックをお願いします!
人気ブログランキング 売買シグナル配信 ←もうすぐ1位




6月7日(火)、東京六本木で行われたマネックス証券の新しい日本株取引ツール「トレードステーション」の説明会に参加してきました。

マネックス証券と言えば、手数料が安いうえ手厚いサポートで有名ですが、このトレードステーションはこれまでにない高機能で、初心者から上級者まで満足できるツールとなっていました。


<トレードステーションとは>


トレードステーションは、ビルとラルフという兄弟が投資失敗の経験から、個人用のトレーディングツールを開発しようとしたのが始まりです。

この2人はもともとヴァイオリニストを目指していて、ジュリアード音楽院で学び数々のコンクールに入賞するなど異色の経歴の持っています。

1991年に発売されて以来、トレーダーや業界の専門家に圧倒的に支持されており、米国では取引システムランキングで数々の受賞歴を誇っています


<トレードステーションの魅力>


セミナーでは、最初にトレードステーション推進室長の山田 真一郎氏から、トレードステーションの魅力について説明がありました。

【レーダースクリーン】
1,000~2,000銘柄表示することが可能、アラート機能も搭載。
同時に、売買サインが発生したテクニカル指標も確認することができます。




【豊富な情報の板注文画面・アルゴ注文】
板情報だけでなく価格帯別出来高も同時に分かります。
アルゴ注文なら、半自動売買も可能


【充実したテクニカル指標】
多彩なテクニカル指標に加え、ストラテジーを設定してバックテストを行うことも可能です。


【Easy Language(自動売買)】
プログラミングによる自動売買や、インジケーターを自作することもできます。



また、取引手数料についてもかなりお得になっていて、約定金額1,000万円の手数料では業界最安値となっています。




<トレードステーションのメリット・デメリット>



続いて、テクニカルアナリストの福永 博之氏から、実際にトレードステーションを使った時の使い心地やメリット・デメリットについて解説がありました。

メリットは、何といってもその多機能性で、ストラテジーを作ってバックテストを行うところも解説していただけました。

デメリットは、その多機能さゆえに最初は迷ってしまうかもしれない、とのことでした。

ただ、始めからレイアウトが設定された「クイックスタート」という目的別テンプレートのようなものも搭載されているため、最初はこのテンプレートをもとに自分なりにカスタマイズしていけば使いやすくなると思いました。

質疑応答で多かったのはプログラミングによる自動売買で、マネックス証券側もこの部分に関しては予測していたようで、すでにマニュアルが日本語化してあるほか、フォーラムを作ってフォローしていく予定だと言っていました。

今回紹介したトレードステーションのより詳しい内容は、公式ホームページにも詳しく載っているので、ぜひ見てみてください。




| セミナー | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


| PAGE-SELECT |

PAGE TOP↑