FXブログ よく当たるFX為替レート予想を毎日無料公開しています。

FXブログ よく当たるFX為替レート予想

勝率8割以上!?のシグナル配信
当メルマガ限定無料プレゼント情報も!

無料メールマガジン
【毎日配信 勝率8割以上!?】
よく当たるFX為替レート予想配信
   

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

2015年10月9日 15時以降のFX為替予想

【期間限定】 これでダメならFXやめろ!FX無料攻略法はこちら

▼無料提供のため、1日1回応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング 売買シグナル配信 ←現在1位!


【東京時間を踏まえた値動き予想】

豪ドルドル 0.7293 上昇(4時間足) ↑
予想レンジ 1.5270~1.5330


【THV V4による分析】
上昇が継続しています
特に変更はありません

2015100977.gif

THV V4の詳しい利用方法はこちらをご覧ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【株・為替とも堅調に推移】
─────────────────────────────────

日経平均株価は後場も堅調に推移、+297円高の18438円で引けました。

株高により、ドル円も119.90円台で底堅い動きが続いています


また、アジア株も全体的に上昇しました

▼アジア株指数一覧




外為どっとコムの14時30分時点の板情報>



下値は119.80~119.90円の厚い買いに支えられていますが、上値も120.05~120.20円に厚い売り注文が貯まっています

ブレイクするには材料が必要そうで、しばらくはレンジ相場が継続すると予想します。


↓外為どっとコムの板情報の詳細はこちら
外為どっとコムの板情報で注文の貯まり具合が分かる!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【このあと、やや材料難】
─────────────────────────────────

このあとは、17時30分の英8月商品貿易収支と21時30分の加9月失業率の発表以外、特に材料がありません


時間外で欧米株とも上昇しているものの、朝方発表された米非鉄金属大手アルコアの7-9月期売上高が-10.7減となっており、来週以降発表が続く米主要企業決算への懸念が生じた場合は注意が必要です。

▼米国株・欧州株CFD



▼上海総合指数(クリックでリアルタイムチャート 16時まで)



| その他 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

23時 米9月ミシガン大消費者信頼感指数は85.7、予想を下回る

【期間限定】 これでダメならFXやめろ!FX無料攻略法はこちら

▼無料提供のため、1日1回応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング 売買シグナル配信 ←現在1位!


23時に発表された米9月ミシガン大消費者信頼感指数は85.7、予想を下回りました。

★★★★
23:00 (米) 9月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値
前回:91.9 予想:91.1 結果:85.7


| その他 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アヴァトレード・ジャパンFXのミラーリング紹介

【期間限定】 これでダメならFXやめろ!FX無料攻略法はこちら

▼無料提供のため、1日1回応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング 売買シグナル配信 ←現在1位!




アヴァトレード・ジャパンFXアヴァ・ミラートレーダーで、外国為替のプロ中のプロである世界15のヘッジファンドによる取引をミラーリング出来るようになりました

ヘッジファンドといえば、ジョージ・ソロスを思い起こされる読者の方々もいらっしゃるでしょう。

今から1992年に発生したイギリス・ポンド危機は、ジョージ・ソロスが運営するヘッジファンドがイギリス・ポンドの相場が理不尽に高すぎることを狙い撃ちしたのが功を奏したものでした。有名な成功例もあれば有名な失敗例もあります。

1997年に破綻したロングタームキャピタルマネジメント(略称、LTCM)はそのたった1年前にノーベル経済学賞を並んで受賞したロバート・マートンとマイロン・ショールズ(オプション理論の定番になっているブラック・ショールズ方程式が有名)が経営に参画し、金融工学への期待と幻滅の象徴となりました。

失敗や規制強化にも関わらず存在感が揺らがないヘッジファンド。投資に直接関与できるのは、機関投資家や富裕層に限られています(例えば、ロングタームキャピタルマネジメントの場合は、シンガポール政府投資公社(略称、GIC)、住友銀行、ナイキのCEO、米国の名立たる大学などでした。

情報公開にコストをかけたくないので私募形式にこだわることから勧誘範囲に制約がかかるため、投資の最低額が本円で1億円以上と設定されているヘッジファンドが殆どです。

そのヘッジファンドの取引を外国為替証拠金(FX)という枠組み(※)でミラーリング出来る、というニュースになります。

ヘッジファンドが参加とは言っても、これまで参加した15のストラテジーを見る限り、ジョージ・ソロスのポンド売りやLTCMのルーブル買いのようなものとは異なりリスクを押さえてコツコツとコンスタントに利益を重ねていくストラテジーになっています。

(※)最低の取引単位が1万通貨単位または場合によっては以上になるそうです(アヴァ・ミラートレーダーでは、従来から利用可能なストラテジーはこれからも5000通貨単位でミラーリング(フルオート取引)が可能です)。


ava_5.jpg




| その他 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

PAGE TOP↑