【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

FX初心者でも勝てる、よく当たるFX為替予想を毎日無料公開しているブログです。FX攻略法や無料メールマガジン、動画配信でFXについて分かりやすく解説しています。

TOP > テクニカル分析

テクニカル分析の必要性

テクニカル分析の必要性

この記事の目次 テクニカル分析の必要性 テクニカル分析とは 複数のテクニカルを組み合わせる テクニカル分析の3原則 <トレンド系> 移動平均線 平均足 ボリンジャーバンド 一目均衡表 パラボリック <オシレーター系> RSI MACD ストキャスティクス DMI・ADX テクニカル分析の必要性 FXで失敗してしまう原因の1つに、...

... 続きを読む

MACD(Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)の解説と使い方

MACD(Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)の解説と使い方

この記事の目次 MACDとは MACDの使い方 MACDとは MACD(マックディー)は、1960年代にジェラルド・アペルによって開発された、大きなトレンドや売買タイミングを測るオシレーター系のテクニカル分析です。日本語では「移動平均収束拡散指標」と言い、移動平均線の指数平滑平均(EMA)を基に算出されます。 MACDは、オシレーター系でありながらトレンド系の特徴も持ち合わせたテクニカル指...

... 続きを読む

ストキャスティクス(Stochastic oscillator)の解説と使い方

ストキャスティクス(Stochastic oscillator)の解説と使い方

この記事の目次 ストキャスティクスとは ストキャスティクスの使い方 ストキャスティクスとは ストキャスティクスは、チャート分析家ジョージ・レインによって1950年代に考案された、「売られ過ぎ」や「買われ過ぎ」を判断するためのオシレーター系のテクニカル分析です。 ストキャスティクスでは、0%~100%の中を変動する短期線(%K)と中期線(%D)の2本のラインを使って、売買タイミ...

... 続きを読む

一目均衡表(Ichimoku Kinkō Hyō)の解説と使い方

一目均衡表(Ichimoku Kinkō Hyō)の解説と使い方

この記事の目次 一目均衡表とは 一目均衡表の判断方法 「三役好転」と「三役逆転」 一目均衡表とは 一目均衡表は、新聞記者だった細田悟一氏が1936年に一目山人(いちもくさんじん)というペンネームで発表した日本発のテクニカル分析です。 買いと売りの均衡が破れた方へ相場が動くというのが一目で分かることから、一目均衡表と名づけられました。 一目均衡表では、基準線(9日)...

... 続きを読む

パラボリック(Parabolic)の解説と使い方

パラボリック(Parabolic)の解説と使い方

この記事の目次 パラボリックとは パラボリックの使い方 AF値の設定 パラボリックのデメリット パラボリックとは パラボリックは、RSIを開発したアメリカのJ・W・ワイルダー氏が考案したトレンド系のテクニカル指標です。 指標が放物線の形状を取るためパラボリック(放物線)と呼ばれるほか、転換点のことをSAR(Stop And Reverse)と言うのでパラボリックSARと呼ばれることもあり...

... 続きを読む

平均足(Heikin-ashi)の解説と使い方

平均足(Heikin-ashi)の解説と使い方

この記事の目次 平均足とは 平均足の注意点 平均足の計算方法 平均足とは 通常のチャートで使われている「ローソク足」は、単にその日の値動きを知る分には分かりやすくできています。 しかし、連続したローソク足を分析しようとすると、やや使い勝手の悪いことになります。 なぜなら、上昇トレンド中に出現した陰線や下降トレンド中に出現した陽線がトレンド転換のサインに見えたり...

... 続きを読む

ボリンジャーバンド(Bollinger band)の解説と使い方

ボリンジャーバンド(Bollinger band)の解説と使い方

この記事の目次 ボリンジャーバンドとは ボリンジャーバンドの使い方 ボリンジャーバンドとは ボリンジャーバンドは、1980年頃にジョン・A・ボリンジャーが考案したトレンド系のテクニカル指標です。 移動平均線に統計学の理論を加えたもので、ある期間の値動きの平均値から現在の為替レートがどれぐらい乖離しているか、散らばっているかを中心から上下それぞれに1本から3本程度の線による...

... 続きを読む

DMI(Directional Movement Index)の解説と使い方

DMI(Directional Movement Index)の解説と使い方

この記事の目次 DMI・ADXとは DMI・ADXの使い方 DMIとは RSIなどの逆張り系の指標がトレンドに弱いことから、その欠点を補うためにRSIと同じくJ.W.ワイルダー氏によって1978年に考案されたテクニカル分析がDMIです。 順張りとしても使えるため、トレンド系に分類されることもあります。 DMIは、上昇力を表す+DIと下降力を表す-DIという2本のラインを使ってトレンドの方向...

... 続きを読む

RSI (Relative Strength Index)の解説と使い方

RSI (Relative Strength Index)の解説と使い方

この記事の目次 RSIとは RSIの使い方 RSIとは RSI(アールエスアイ)は、J.W.ワイルダー氏によって開発されたオシレーター分析です。 0%~100%の範囲内を上下するラインで表され、日本語では「相対力指数」と呼ばれています。 RSIは、上昇した日や下落した日の値幅がどれくらいあるのかを基に算出されるので、「相対的に今の相場は買いと売りのどちらに傾いているのか」が分かり...

... 続きを読む

移動平均線(Moving Average)の解説と使い方

移動平均線(Moving Average)の解説と使い方

この記事の目次 移動平均線とは 単純移動平均線 加重移動平均線 指数平滑移動平均線 ゴールデンクロスとデッドクロス 移動平均線とは 移動平均線は、もっとも基本的なトレンド系分析の1つで、ある一定期間における価格の平均値を線でつないだものです。 移動平均線によく用いられる期間は、5、10、13、21、25、50、75、90、200などで、分や時間、日などの終値で計算します。...

... 続きを読む

ローソク足の応用と酒田五法

ローソク足の応用と酒田五法

この記事の目次 複数のローソク足を見る ローソク足と酒田五法 複数のローソク足を見る 単独でローソク足を見るときは、形だけでなく出現した場所も重要ですが、複数のローソク足を組み合わせて見ることで、より具体的に相場を予想することができます。 相場の転換点を示すものが多いので、買いの力と売りの力のどちらが強いのかしっかり確認し、次のローソク足がどのようになるのかをしっ...

... 続きを読む

FXで使うローソク足の基礎

FXで使うローソク足の基礎

この記事の目次 ローソク足とは 陽線のローソク足 陰線のローソク足 寄引同時線のローソク足 ローソク足とは ローソク足は、江戸時代に出羽国の本間宗久が発案し、大阪堂島の米取引で使われたと言われていて、今や世界中で親しまれているチャート形状です。 ローソク足は、次の4つの値(4本値)で構成されています。 ・始値(はじめね):その時...

... 続きを読む

FX会社別トレード方法

FX初心者でも分かる、FX会社別方法を紹介しています。

各通貨の特徴

【FX初心者】FXトレード方法など

FXの基礎

人気記事

FX応用

【暴露】3秒で引くFXトレンドライン(MT4売買シグナル付き)

【2020年】FX初心者必見、取引通貨の選び方

FX初心者がチェックすべき重要経済指標5選

★管理人著書・雑誌紹介★



書籍・DVD
・書籍『10万円からはじめるマナブ式FXスキャルピング・デイトレ入門』(成美堂出版)
・書籍『50万円を6900万円に増やした!マナブ式FX』 (成美堂出版)
・書籍『FXシステムトレード超入門』(成美堂出版)
・書籍『マナブ式FX トラッキングトレード入門』(実業之日本社)
・書籍『マナブ式FX必勝チャート』 (扶桑社)
・書籍『マナブ式FX』 (扶桑社)
・DVD「マナブ式FX 音と色でわかる売買チャンス!」(パン・ローリング)
・DVD「マナブ式FX ポジった瞬間 逆に行 ってしまうことをなくすハナシ」(パン・ローリング)
・DVD「テクニカルとファンダメンタルズを組み合わせたFXトレード」(パン・ローリング)
・メールマガジン 【勝率8割以上!?】毎日更新、よく当たるFX為替レート予想配信

雑誌

・月刊FX攻略.com
・月刊ダイヤモンド ZAi (ザイ)
・月刊ットマネー
・Smart (スマート) FX
・SAPIO
・BIG tomorrow
・en SPA ! など多数
【勝率8割以上!?】よく当たるFX為替予想の配信
利用規約に同意のうえ、お申し込みください。

メールマガジン利用規約

  メールマガジン セミナー
料金 無料 3万円~10万円
提供方法 メール(毎日) メールマガジンにて告知(不定期)
内容 日々のFX為替レート予想や相場解説 FX業者や証券会社主催のセミナー講師。
実績 まぐまぐ!殿堂入り マネックス証券、カブドットコム証券、ひまわり証券、パンローリング株式会社、サンワードFX、GemTrade、PlanexTradeFXなど多数
※個人情報取り扱い等に関しては、まぐまぐ!会員規約をご覧ください。