【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

よく当たるFX為替レート予想を毎日無料公開しているFXブログです。FX無料攻略法やFX自動売買について、FX初心者でもできるように解説しています。また、勝率8割以上!?の無料プレゼント付きメールマガジンも配信中!

TOP > 2019年08月

FXに関するアノマリーを紹介

FXに関するアノマリーを紹介

この記事の目次 アノマリーとは 月別アノマリー 色々なアノマリー サザエさん効果 アノマリーとは アノマリー(anomaly)とは「例外、変則、矛盾」といった意味で、理論では説明できない為替や株などの規則的な変動や現象のことを言います。 例えば、年初は「新春株高」で価格が上がっていき、2月上旬に最高値を付けたあと3月下旬に底を付ける「節分天井、彼岸底」といった現象が...

... 続きを読む

セントラル短資FXのシグナルチャートチェック

セントラル短資FXのシグナルチャートチェック

セントラル短資FX みらいチャートセントラル短資FXの「みらいチャート」は、過去の値動きから「未来のチャート形状」を自動予想する「チャート形状予想ツール」です。みらいチャートはチャート上に「買い・売り・中立」の売買シグナルを表示、さらに過去チャートと予想チャートの一致度を「類似率」として98.66%や99.43%などとパーセントで表示してくれます。最も類似率の高いものになると、なんと類似率は99.90%!みらいチ...

... 続きを読む

ディールスコープ分析(ドル円)

ディールスコープ分析(ドル円)

ディールスコープ分析 ドル円外為オンラインのディールスコープによる、個人投資家ポジションの分析です。日足 ≪ドル円 買いポジション減少≫個人投資家の買いポジション比率が減少しました。このまま買いポジションが減少すれば、反対にドル円は上昇する可能性があります。(個人投資家の買いポジションが上がると、為替レートが下がっていく傾向が強いということ)⇒ 仕掛けるタイミングが一目で分かるディールスコープとは機関...

... 続きを読む

<20:30>ドル円・クロス円板情報

<20:30>ドル円・クロス円板情報

外為どっとコムの「FX板情報」通常、FXには株のように注文数がわかる板情報というものがないので、どの価格帯にどのくらい注文が貯まっているかは全く分かりません。しかし、外為どっとコムの外為注文情報を使えば、株の板情報と同じようにどの価格にどれくらい注文が出されているかを一目で確認することができます。画面上では、下記のように指値・ストップ注文、売り・買いがそれぞれどのくらい出されているかが、一覧形式で表...

... 続きを読む

一致率98%!? ぱっと見テクニカル(豪ドル円)

一致率98%!? ぱっと見テクニカル(豪ドル円)

ぱっと見テクニカル 1時間足豪ドル円 一致率94%71.65円付近へ上昇と予想豪ドル円は、一致率94%で71.65円付近へ上昇しそうです。71.65円付近へ上昇したあとの展開は、FXプライム byGMOで口座開設をすれば10分足単位からのより細かい予測がリアルタイムで閲覧できるので、念のため確認しながら取引するとよいでしょう。⇒ 一致率98%!ぱっと見テクニカルの詳細はこちらFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルとはなんと、一致...

... 続きを読む

2019年8月30日のFX為替相場予想

2019年8月30日のFX為替相場予想

【本日の予想通貨ペア】(欧州時間まで)ドル円 106.50 上昇 (4時間足)↑予想レンジ 106.20~107.00【THV V4による分析】上昇トレンドが継続しています。特に変更はありません。前日の概要NYダウは+258ドル高、日経平均株価は-18円安の20460円と小幅に下落しました。ドル円は106円台半ばへ上昇、クロス円もじり高となっています。前日の結果・ダウ平均・・・・26362.25(+326.15 +1.25%)・日経平均・・・・20700(+240 +1.16%)・NY金...

... 続きを読む

<20:30>ドル円・クロス円板情報

<20:30>ドル円・クロス円板情報

外為どっとコムの「FX板情報」通常、FXには株のように注文数がわかる板情報というものがないので、どの価格帯にどのくらい注文が貯まっているかは全く分かりません。しかし、外為どっとコムの外為注文情報を使えば、株の板情報と同じようにどの価格にどれくらい注文が出されているかを一目で確認することができます。画面上では、下記のように指値・ストップ注文、売り・買いがそれぞれどのくらい出されているかが、一覧形式で表...

... 続きを読む

一致率98%!? ぱっと見テクニカル(ポンドドル)

一致率98%!? ぱっと見テクニカル(ポンドドル)

ぱっと見テクニカル 1時間足ポンドドル 一致率94%1.2175付近へ下落と予想ポンドドルは、一致率94%で1.2175付近へ下落しそうです。1.2175付近へ下落したあとの展開は、FXプライム byGMOで口座開設をすれば10分足単位からのより細かい予測がリアルタイムで閲覧できるので、念のため確認しながら取引するとよいでしょう。⇒ 一致率98%!ぱっと見テクニカルの詳細はこちらFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルとはなんと、一...

... 続きを読む

2019年8月29日のFX為替相場予想

2019年8月29日のFX為替相場予想

【本日の予想通貨ペア】(欧州時間まで)ドル円 106.08 上昇 (4時間足)↑予想レンジ 105.80~106.60【THV V4による分析】トリックスが同色の緑色でクロス、上昇トレンドとなっています。買いが継続すると予想します。前日の概要NYダウは-120ドル安、日経平均株価は+23円高の20479円と上昇しました。ドル円は106円台へ上昇、クロス円は方向感がありません。前日の結果・ダウ平均・・・・25945.65(+167.75 +0.65%)・日経平均・・・・2...

... 続きを読む

パラボリック(Parabolic)の解説と使い方

パラボリック(Parabolic)の解説と使い方

この記事の目次 パラボリックとは パラボリックの使い方 AF値の設定 パラボリックのデメリット パラボリックとは パラボリックは、RSIを開発したアメリカのJ・W・ワイルダー氏が考案したトレンド系のテクニカル指標です。 指標が放物線の形状を取るためパラボリック(放物線)と呼ばれるほか、転換点のことをSAR(Stop And Reverse)と言うのでパラボリックSARと呼ばれることもあり...

... 続きを読む

平均足(Heikin-ashi)の解説と使い方

平均足(Heikin-ashi)の解説と使い方

この記事の目次 平均足とは 平均足の注意点 平均足の計算方法 平均足とは 通常のチャートで使われている「ローソク足」は、単にその日の値動きを知る分には分かりやすくできています。 しかし、連続したローソク足を分析しようとすると、やや使い勝手の悪いことになります。 なぜなら、上昇トレンド中に出現した陰線や下降トレンド中に出現した陽線がトレンド転換のサインに見えたり...

... 続きを読む

ボリンジャーバンド(Bollinger band)の解説と使い方

ボリンジャーバンド(Bollinger band)の解説と使い方

この記事の目次 ボリンジャーバンドとは ボリンジャーバンドの使い方 ボリンジャーバンドとは ボリンジャーバンドは、1980年頃にジョン・A・ボリンジャーが考案したトレンド系のテクニカル指標です。 移動平均線に統計学の理論を加えたもので、ある期間の値動きの平均値から現在の為替レートがどれぐらい乖離しているか、散らばっているかを中心から上下それぞれに1本から3本程度の線による...

... 続きを読む

DMI(Directional Movement Index)の解説と使い方

DMI(Directional Movement Index)の解説と使い方

この記事の目次 DMI・ADXとは DMI・ADXの使い方 DMIとは RSIなどの逆張り系の指標がトレンドに弱いことから、その欠点を補うためにRSIと同じくJ.W.ワイルダー氏によって1978年に考案されたテクニカル分析がDMIです。 順張りとしても使えるため、トレンド系に分類されることもあります。 DMIは、上昇力を表す+DIと下降力を表す-DIという2本のラインを使ってトレンドの方向...

... 続きを読む

RSI (Relative Strength Index)の解説と使い方

RSI (Relative Strength Index)の解説と使い方

この記事の目次 RSIとは RSIの使い方 RSIとは RSI(アールエスアイ)は、J.W.ワイルダー氏によって開発されたオシレーター分析です。 0%~100%の範囲内を上下するラインで表され、日本語では「相対力指数」と呼ばれています。 RSIは、上昇した日や下落した日の値幅がどれくらいあるのかを基に算出されるので、「相対的に今の相場は買いと売りのどちらに傾いているのか」が分かり...

... 続きを読む

移動平均線(Moving Average)の解説と使い方

移動平均線(Moving Average)の解説と使い方

この記事の目次 移動平均線とは 単純移動平均線 加重移動平均線 指数平滑移動平均線 ゴールデンクロスとデッドクロス 移動平均線とは 移動平均線は、もっとも基本的なトレンド系分析の1つで、ある一定期間における価格の平均値を線でつないだものです。 移動平均線によく用いられる期間は、5、10、13、21、25、50、75、90、200などで、分や時間、日などの終値で計算します。...

... 続きを読む

【新機能ビルダー】自動売買プログラムを作ってみた

【新機能ビルダー】自動売買プログラムを作ってみた

インヴァスト証券から新しく出た自動売買を作成する「ビルダー」を使って、自動売買プログラムを作ってみました。トライオートの自動売買注文は、「新規注文」「決済注文」「カウンター注文」「フォロー注文」の4つを指定することで「新規」⇨「決済」⇨「新規」を繰り返します。注文自体は非常にシンプルな作りですが、この自動売買注文を複数仕掛けていくことで様々なロジックを作成することができるのです。実際にインヴァスト証...

... 続きを読む

<20:30>ドル円・クロス円板情報

<20:30>ドル円・クロス円板情報

外為どっとコムの「FX板情報」通常、FXには株のように注文数がわかる板情報というものがないので、どの価格帯にどのくらい注文が貯まっているかは全く分かりません。しかし、外為どっとコムの外為注文情報を使えば、株の板情報と同じようにどの価格にどれくらい注文が出されているかを一目で確認することができます。画面上では、下記のように指値・ストップ注文、売り・買いがそれぞれどのくらい出されているかが、一覧形式で表...

... 続きを読む

一致率98%!? ぱっと見テクニカル(ポンドドル)

一致率98%!? ぱっと見テクニカル(ポンドドル)

ぱっと見テクニカル 1時間足ポンドドル 一致率81%1.2160付近へ下落と予想ポンドドルは、一致率81%で1.2160付近へ下落しそうです。1.2160付近へ下落したあとの展開は、FXプライム byGMOで口座開設をすれば10分足単位からのより細かい予測がリアルタイムで閲覧できるので、念のため確認しながら取引するとよいでしょう。⇒ 一致率98%!ぱっと見テクニカルの詳細はこちらFXプライム byGMOのぱっと見テクニカルとはなんと、一...

... 続きを読む

2019年8月28日 昼のFXショートコメント

2019年8月28日 昼のFXショートコメント

前場を踏まえた後場の値動き予想豪ドルドル ↓【THV V4による分析】下降トレンドが継続しています。特に変更はありません。株・為替とも小動き昨晩のNYダウは-120ドル安、日経平均株価は+30円高の20486円と上昇して前場を終えました。ドル円は小動き、クロス円も方向感がありません。アジア株は、やや買い優勢です。アジア株指数一覧上海総合指数外為どっとコムの11時00分時点の板情報下値は105.50~105.70円がサポートライン...

... 続きを読む

ローソク足の応用と酒田五法

ローソク足の応用と酒田五法

この記事の目次 複数のローソク足を見る ローソク足と酒田五法 複数のローソク足を見る 単独でローソク足を見るときは、形だけでなく出現した場所も重要ですが、複数のローソク足を組み合わせて見ることで、より具体的に相場を予想することができます。 相場の転換点を示すものが多いので、買いの力と売りの力のどちらが強いのかしっかり確認し、次のローソク足がどのようになるのかをしっ...

... 続きを読む

FXブログ 無料メールマガジン

読者数16,000人突破 まぐまぐ!殿堂入りFX為替シグナル配信限定プレゼント情報も配信中!

【公式メルマガ】よく当たるFX為替レート予想配信
利用規約に同意のうえ、お申し込みください。

メールマガジン利用規約

  メールマガジン セミナー
料金 無料 3万円~10万円
提供方法 メール(毎日) メールマガジンにて告知(不定期)
内容 日々のFX為替レート予想や相場解説 FX業者や証券会社主催のセミナー講師。
実績 まぐまぐ!殿堂入り マネックス証券、カブドットコム証券、ひまわり証券、パンローリング株式会社、サンワードFX、GemTrade、PlanexTradeFXなど多数
※個人情報取り扱い等に関しては、まぐまぐ!会員規約をご覧ください。
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想