【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

よく当たるFX為替レート予想を毎日無料公開しているFXブログです。FX無料攻略法やFX自動売買について、FX初心者でもできるように解説しています。また、勝率8割以上!?の無料プレゼント付きメールマガジンも配信中!

TOP >  通貨紹介 >  人民元(CNY)の値動きと特徴

人民元(CNY)の値動きと特徴



人民元(CNY)の値動き


スキャルピング ☆☆☆☆☆ 大 不向き
デイトレード ☆☆☆☆☆ 大 不向き
スイングトレード ☆☆☆☆ 大 値幅が小さい
中・長期保有 ★★☆☆☆ 大 中国政府次第
スワップポイント ★★★☆☆ 高 時期によって意外と高い

人民元(CNY)の特徴


1948年12月1日、当時共産党の支配下にあった河北省石家荘に中国人民銀行が開業し、初代人民元紙幣が発行されました。

翌年の10月には国共内戦が終了、中華人民共和国が建国されています。


その後、大躍進政策や文化大革命を経たのち、1978年から改革開放路線が採用され、1980年代には工業生産高が毎年10%成長したほか農村の所得が2倍になるなど、急速に発達してきました。


1989年の天安門事件でいったん経済停滞したものの、1990年代初期には回復、「社会主義市場経済」を掲げ再び変革が推進されて、21世紀に入ると経済成長が加速しました。


ただ、その副作用としてインフレ率が上昇し始めたので、人民元の政策金利は比較的高く設定されるようになります。


米ドルとは、2005年まで固定相場制をとっていましたが、その後は基準値から±0.3%の変動可能になるという管理フロート制をとっています。

人民元レートは、人民元の切り上げによる元高や、預金準備率の引き下げによる元安に大きな影響を受けるほか、GDPや貿易収支でも変動します。


もっとも重要なのは米ドルとのレートであるドル人民元で、変動幅が限定されているとはいえ6.5000や7.0000の各節目が意識されており、人民元円を見るよりもドル人民元を見た方が状況把握しやすいです。


なお、中国政府は金融政策をあまりザラバ中に行わず、NY時間や土日などあまり注目が集まっていないときサプライズ的に行う傾向があるため、その後の急激な変動には注意が必要となってきます。


ドル人民元チャート


値動きは小さく、方向は中国政府次第

人民元政策金利推移


人民元政策金利推移



  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35%    
2018年 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35%
2017年 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35%
2016年 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35% 4.35%
2015年 5.60% 5.60% 5.35% 5.35% 5.10% 4.85% 4.85% 4.60% 4.60% 4.35% 4.35% 4.35%
2014年 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 5.60% 5.60%
2013年 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00%
2012年 6.56% 6.56% 6.56% 6.56% 6.56% 6.31% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00% 6.00%
2011年 5.81% 6.06% 6.06% 6.31% 6.31% 6.31% 6.56% 6.56% 6.56% 6.56% 6.56% 6.56%
2010年 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.56% 5.56% 5.81%
2009年 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.31% 5.31%
2008年 7.47% 7.47% 7.47% 7.47% 7.47% 7.47% 7.47% 7.47% 7.20% 6.66% 5.58% 5.31%


人民元に関する主な経済指標


経済指標 説明
GDP速報 1,4,7,10月中旬に中国国家統計局が発表。

プラス⇒経済が良好、株高、金利上昇
マイナス⇒経済が悪化、株安、金利低下
貿易収支 毎月初めに前月分が発表。

プラス⇒黒字拡大、株高、金利上昇
マイナス⇒赤字拡大、株安、金利低下
消費者物価指数 毎月上旬に中国国家統計局が発表。

インフレ予想⇒株高、金利上昇
デフレ予想⇒株安、金利低下


中華人民共和国の概要


政策金利 4.35%
首都 北京
人口 約13.90億人
面積 約960万k㎡
1人当たりGDP 9,608.42ドル(名目,2018年)
主要産業 製造業、サービス業
主要企業 アリババ、テンセント、レノボ、ハイアール、百度グループ
おもな経済指標 GDP、貿易収支、物価指数

中国人民元


関連記事

最終更新日 : 2019-11-17

FXブログ 無料メールマガジン

読者数16,000人突破 まぐまぐ!殿堂入りFX為替シグナル配信限定プレゼント情報も配信中!

【公式メルマガ】よく当たるFX為替レート予想配信
利用規約に同意のうえ、お申し込みください。

メールマガジン利用規約

  メールマガジン セミナー
料金 無料 3万円~10万円
提供方法 メール(毎日) メールマガジンにて告知(不定期)
内容 日々のFX為替レート予想や相場解説 FX業者や証券会社主催のセミナー講師。
実績 まぐまぐ!殿堂入り マネックス証券、カブドットコム証券、ひまわり証券、パンローリング株式会社、サンワードFX、GemTrade、PlanexTradeFXなど多数
※個人情報取り扱い等に関しては、まぐまぐ!会員規約をご覧ください。
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想