【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

FX初心者でも勝てる、よく当たるFX為替予想を毎日無料公開しているブログです。FX攻略法や無料メールマガジン、動画配信でFXについて分かりやすく解説しています。

TOP >  FX応用 >  【米政策金利】CME FedWatchの仕組みと調べ方

【7/25締切!】400名以上を稼がせる投資コミュニティはこちら!

当サイト限定キャンペーン


【米政策金利】CME FedWatchの仕組みと調べ方



米利上げとその織り込み度を知る


CME FedWatch 公式サイト

ドルと米政策金利


FX初心者の多くが、最初にトレードする通貨ペア「ドル円」。


テクニカルやファンダメンタルズを分析して流れを読むのが一般的ですが、最も影響度の高い指標は政策金利の動向です。


米政策金利が上がればドル買い下がればドル売りとトレンドを単純かつ明確に判断できるうえ、基軸通貨であるドルが世界マーケットに及ぼす影響は絶大なので、ユーロドルやポンドドルなどのドルストレート、株式市場、商品相場をトレードする際にもその動向を知る必要があります。


FXトレーダーから見ても、日々のスワップポイント自体が変わることになるため、重要度は最も高いと言えます。


その政策金利の動向ですが、米GDPや米雇用統計、FOMCやベージュブック、FRB議長の発言などで予想するのが一般的ですが、数値化されていないので「たぶんこうなるだろう」といったあいまいな感覚しか得られません


CME FedWatchで利上げ確率が分かる


そんな中、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループが、FF金利先物の動向に基づいてフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標が変更される可能性を確率で表した、FedWatchというものを公開しています。


この確率は、マーケットが米利上げをどの程度織り込んでいるか「市場の折り込み度」を知ることができる数値としても活用されていて、FedWatchの利上げ予想確率が70%を超えると、利上げが実行される可能性が高いとの見方が一般的です。


もちろん、織り込み度が100%に近付けば、それはもう買い意欲が少ないことも表しており、むしろ材料出尽くしや利食い売りでドルが売られることになる場合もあるため注意も必要です。


とはいえ、今後の利上げ確率を知っておけばマーケットが大きく動く時期を予想できますから、定期的に確認するに越したことはないでしょう。


なお、Fedとは、(Federal Reserve Board)やFOMC(Federal Open Market Committee)の総称で、「Federal」の前の3文字をとった愛称のこと、watchはFRBの動きを専門的に観察・分析している専門家ウォッチャーから来ていると思われます。


30%になったら注目、70%超えでほぼ確定

CME FedWatchの表示と使い方


CME FedWatch


利上げと利下げ確率をパーセントで表示


CME fedwatchは、CME GroupのHPにあるCME FedWatch Toolで公開されています。


現在の米政策金利は網掛けで示されたグラフで225-250bps(ベーシスポイント)、1bps=0.01%なので2.25~2.50%ということを表しています。


2.00~2.25%へ利下げしてしまう確率は左の棒グラフである1.2%、逆に2.50~2.75%に利上げする確率は4.6%あることになります。


現在は米追加利上げが一服した局面、上下どちらの確率も低いため次の材料待ちといったところ


英語サイトですが、数字中心なので簡単

変動が起きた時はチャンス


利上げ確率とドルの動き


今は小康状態なので、ドル円はレンジ相場が継続中。


例えばこの利上げ確率が、一気に20~30%も上昇したのであれば、何らかの好材料やドル高材料が出たと判断でき、その内容によっては早めにドルを仕込んでおくことも可能になります。


もちろん、上述したように一般的には70%を超えると利上げ実施と見られるのですが、その時にはすでに遅く高値に達していて、売り方が手ぐすね引いて待っている可能性もあるため注意が必要です。


それを回避するには、確率が高まってからの買いはドル買いを慎重にすることと、次回利上げ時期を予想することが役立ちます。


なお、乱高下することは少ないので、米雇用統計やFOMC、FRB議長の発言後に軽く確認する程度で良いでしょう。


要人発言影響度の確認


現状維持確率が86.8%から81.3%へ下がったあと、90%台へ一段高となりました。


下がった原因は米大統領の「ドルは高すぎる」という発言なのですが、この手の発言は何度も行われていることから、FRBは屈しないとの思惑でむしろドル高に振れています


同様の発言があって再びドル安となった場合、今回のようにいずれ戻ることが予想できます。



直近経済指標の評価


一時利下げ確率が増加したものの<良好な米経済指標を受け低下、それに伴い現状維持確率も上がってきました。


さらに好材料が出れば、今度は利上げ確率が2桁台を目指すと予想できます。



【動画】ドル利上げ確率が分かるCME FedWatch





スプレッド比較と無料攻略法
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロドル キャッシュバック
GMOクリック証券 0.1銭 0.3銭 0.6銭 0.4銭 0.3pips 最大
30,000円
攻略法
みんなのFX 0.2銭 0.4銭 0.8銭 0.6銭 0.3pips 総額
1,000万円
攻略法
マネーパートナーズ 0.3銭 0.4銭 0.9銭 0.6銭 0.4pips 当サイト限定
マル秘レポート
攻略法
GMOクリック証券は期間限定キャンペーン


一言コメント

最終更新日 : 2021-06-22

FX会社別トレード方法

FX初心者でも分かる、FX会社別方法を紹介しています。

  • 松井証券FX 松井証券FX

    初心者向けに特化、比較ペアチャートの乖離トレードもできます。

  • GMOクリック証券 GMOクリック証券

    手厚いサポートのほか、バイナリや株取引、CFDも可能。

  • FXプライム byGMO FXプライム byGMO

    スキャルピングOK、1日当たりの上限もありません。

  • マネックスFX マネーパトナーズ

    100円からできるFX。多彩なキャンペーン実施中!

  • LINE FX LINE FX

    いつも使っているLINEが提供するFX、初心者でも簡単にトレードできる。

  • LINE FX FXブロードネット

    業界最高水準低スプレッド、トラッキングトレードも使える。

  • LIGHT FX LIGHT FX

    テキストマイニング技術と機械学習するAIが売買サインを表示。

  • ヒロセ通商 ヒロセ通商

    低スプレッドFXだけでなく、Lion食材も楽しみ。

  • ひまわり証券 ひまわり証券

    シンプルで分かりやすい、自動売買のループ・イフダンが使える。

  • マネースクウェア マネースクウェア

    特許取得済みの「トラリピ」なら、いたるところに罠を仕掛けることが可能。

  • DMMFX DMMFX

    FX口座数国内第1位、スプ極狭&ポイント還元!

  • 外為オンライン 外為オンライン

    安定したスプレッド、iサイクル注文が利用可能。

  • SBI FXトレード SBI FXトレード

    なんと、口座開設後ログインで500円入金中。

  • YJFX! YJFX!

    大人気スマホアプリ「Cymo」が利用可能。

【FX初心者】FXトレード方法など

FXの基礎

人気記事

FX応用編

管理人著書・雑誌紹介



書籍・DVD
・書籍『10万円からはじめるマナブ式FXスキャルピング・デイトレ入門』(成美堂出版)
・書籍『50万円を6900万円に増やした!マナブ式FX』 (成美堂出版)
・書籍『FXシステムトレード超入門』(成美堂出版)
・書籍『マナブ式FX トラッキングトレード入門』(実業之日本社)
・書籍『マナブ式FX必勝チャート』 (扶桑社)
・書籍『マナブ式FX』 (扶桑社)
・DVD「マナブ式FX 音と色でわかる売買チャンス!」(パン・ローリング)
・DVD「マナブ式FX ポジった瞬間 逆に行 ってしまうことをなくすハナシ」(パン・ローリング)
・DVD「テクニカルとファンダメンタルズを組み合わせたFXトレード」(パン・ローリング)
・メールマガジン 【勝率8割以上!?】毎日更新、よく当たるFX為替レート予想配信

雑誌

・月刊FX攻略.com
・月刊ダイヤモンド ZAi (ザイ)
・月刊ットマネー
・Smart (スマート) FX
・SAPIO
・BIG tomorrow
・en SPA ! など多数

メールマガジン利用規約

  メールマガジン セミナー
料金 無料 3万円~10万円
提供方法 メール(毎日) メールマガジンにて告知(不定期)
内容 日々のFX為替レート予想や相場解説 FX業者や証券会社主催のセミナー講師。
実績 まぐまぐ!殿堂入り マネックス証券、カブドットコム証券、ひまわり証券、パンローリング株式会社、サンワードFX、GemTrade、PlanexTradeFXなど多数
※個人情報取り扱い等に関しては、まぐまぐ!会員規約をご覧ください。