【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

よく当たるFX為替レート予想を毎日無料公開しているFXブログです。FX無料攻略法やFX自動売買について、FX初心者でもできるように解説しています。また、勝率8割以上!?の無料プレゼント付きメールマガジンも配信中!

TOP >  テクニカル分析 >  ボリンジャーバンド(Bollinger band)の解説と使い方

ボリンジャーバンド(Bollinger band)の解説と使い方


ボリンジャーバンドとは


ボリンジャーバンド


ボリンジャーバンドは、1980年頃にジョン・A・ボリンジャーが考案したトレンド系のテクニカル指標です。


移動平均線に統計学の理論を加えたもので、ある期間の値動きの平均値から現在の為替レートがどれぐらい乖離しているか、散らばっているかを中心から上下それぞれに1本から3本程度の線によるバンドが示しています。


このバンドは、中心線を挟んだ上下2本の線が中心線から同じ距離で対になっており、上の方を「アッパーバンド」下の方を「ロワーバンド」と呼び、内側のバンドから順に±1σ、±2σ、±3σと表記されます。


σは「シグマ」と読み、標準偏差のことで、±1σは第1標準偏差、±2σは第2標準偏差、±3σは第3標準偏差となります。



ボリンジャーバンドの使い方


仮に、為替レートが統計学的に正規分布しているとした場合、±1σのバンドの中に収まる確率は約68.3%、±2σのバンドの中に収まる確率は約95.4%と言われています。


つまり、為替レートがボリンジャーバンドの±2σ近辺にあるというのは、確率論で言うと出現率が5%程度しかない非常に珍しいケースなので、自然と中心の方へ引き戻される可能性が高いことになります


ボリンジャーバンド 確率
±1σの範囲内に収まる確率 68.27%
±2σの範囲内に収まる確率 95.45%
±3σの範囲内に収まる確率 99.73%

ボリンジャーバンドは、もみ合い相場で収縮していたバンド(スクイーズ)が、強い動きでトレンド発生するとともに広がっていき(エクスパンション)トレンド方向に傾いたまま推移する(バンドウォーク)という特徴があります。


この特徴を利用すれば、バンドが収縮しているときはもみ合い相場なので様子見、バンドが開いてきたらトレンド発生に付いて行く、という使い方ができます。


実際の売買では、「価格が-2σに達したら買い、+2σに達した売り」という逆張りでよく使われますが、開発者のジョン・A・ボリンジャーは順張りで使うことを薦めていました


どう使うかは、他のテクニカル分析と組み合わせて決めるとよいでしょう。


名称 ボリンジャーバンドの状態と特徴
スクイーズ バンドの幅が狭まった状態で様子見の期間。英語で「搾る」の意味。
エクスパンション バンドが上下に大きく広がった期間で、上昇または下降トレンドが発生している状態。英語で「拡張」の意味。
バンドウォーク ±2σのバンドに沿って移動している状態で、順張りが無難。

ボリンジャーバンド


関連記事

最終更新日 : 2019-08-29

FXブログ 無料メールマガジン

読者数16,000人突破 まぐまぐ!殿堂入りFX為替シグナル配信限定プレゼント情報も配信中!

【公式メルマガ】よく当たるFX為替レート予想配信
利用規約に同意のうえ、お申し込みください。

メールマガジン利用規約

  メールマガジン セミナー
料金 無料 3万円~10万円
提供方法 メール(毎日) メールマガジンにて告知(不定期)
内容 日々のFX為替レート予想や相場解説 FX業者や証券会社主催のセミナー講師。
実績 まぐまぐ!殿堂入り マネックス証券、カブドットコム証券、ひまわり証券、パンローリング株式会社、サンワードFX、GemTrade、PlanexTradeFXなど多数
※個人情報取り扱い等に関しては、まぐまぐ!会員規約をご覧ください。
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想