【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

よく当たるFX為替レート予想を毎日無料公開しているFXブログです。FX無料攻略法やFX自動売買について、FX初心者でもできるように解説しています。また、勝率8割以上!?の無料プレゼント付きメールマガジンも配信中!

TOP >  テクニカル分析 >  RSI (Relative Strength Index)の解説と使い方

RSI (Relative Strength Index)の解説と使い方

この記事の目次

  1. RSIとは
  2. RSIの使い方

RSIとは


RSI(Relative Strength Index)


RSI(アールエスアイ)は、J.W.ワイルダー氏によって開発されたオシレーター分析です。


0%~100%の範囲内を上下するラインで表され、日本語では「相対力指数」と呼ばれています。


RSIは、上昇した日や下落した日の値幅がどれくらいあるのかを基に算出されるので、「相対的に今の相場は買いと売りのどちらに傾いているのか」が分かります。


例えば、14日間で上昇した日の値幅の合計と下落した日の値幅の合計の比率が8:1になっていたら、RSIは80%となることから、「買われすぎか、売られすぎか」といった相場の過熱感を表すと言われています。



RSIの使い方


一般的には、RSIが25~30%以下の時は売られ過ぎの水準なので買い、70~75%以上は買われ過ぎの水準なので売りと言われていて、逆張りによく使われます。


【RSIの使い方】
・25~30%以下は売られ過ぎで買いサイン
・70~75%以上は買われ過ぎで売りサイン


なお、RSIはレンジ相場には強く、レンジの底と天井をうまく示唆してくれるのですが、一方的にトレンドが発生している時はダマシが発生します。


底値圏や天井圏にRSIが張りついてしまう「ガーベージトップ」や「ガーベージボトム」といったダマシ現象が発生するので注意して下さい。


RSIの状態 判断
25~30%以下 売られ過ぎで買いサイン
70~75%以上 買われ過ぎで売りサイン

RSIのダマシ 状態
ガーベージトップ RSIが天井圏に張り付いてしまう。
ガーベージボトム RSIが底値圏に張り付いてしまう。

RSIの使い方


関連記事

最終更新日 : 2019-08-29

FXブログ 無料メールマガジン

読者数16,000人突破 まぐまぐ!殿堂入りFX為替シグナル配信限定プレゼント情報も配信中!

【公式メルマガ】よく当たるFX為替レート予想配信
利用規約に同意のうえ、お申し込みください。

メールマガジン利用規約

  メールマガジン セミナー
料金 無料 3万円~10万円
提供方法 メール(毎日) メールマガジンにて告知(不定期)
内容 日々のFX為替レート予想や相場解説 FX業者や証券会社主催のセミナー講師。
実績 まぐまぐ!殿堂入り マネックス証券、カブドットコム証券、ひまわり証券、パンローリング株式会社、サンワードFX、GemTrade、PlanexTradeFXなど多数
※個人情報取り扱い等に関しては、まぐまぐ!会員規約をご覧ください。
【勝率8割以上!?】よく当たる為替レート予想