【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

FX初心者でも勝てる、よく当たるFX為替予想を毎日無料公開しているブログです。FX攻略法や無料メールマガジン、動画配信でFXについて分かりやすく解説しています。

TOP >  FX応用 >  【大発見】7月は約70%の確率で円安になる

【大発見】7月は約70%の確率で円安になる

7月の為替は円安


7月は71%の確率で円安


過去21年分を集計


為替は月別に値動きに特徴があり、例えば新年の1月は株高で円安に、3月は決算の関係で円高になりやすい傾向があります。月別の為替の動きで確率の高いものに、7月のドル高というアノマリーがあります。


理由は不明なのですが、ドルに買いが入って為替は円安に振れる確率が高いです。


FXがスタートしたのは1998年10月8日からなので、1999円の7月からドル円のチャートを確認してみました。7月の始値と月末の終値を比べて、円安なのか円高なのかを判断しています。


結果はつぎのようになりました。調べた年は21年分、円安15回、円高6回で、円安となる確率は71%、約7割が円安になるということが分かりました。



7月は71%の確率で円安になっていた

過去21年分の一覧表

7月の円安円高集計


過去21年分の円グラフ

7月の円安円高集計グラフ


7月円安の考察


それらしい理由はいくつかある


上述したように、ドル高で円安になる理由は不明なのですが、4月に保険会社や投資信託がその年度の投資方向を決め、5~6月で上昇トレンドの下地を作り、7月にまとまった買いが入りやすくなるのではないかと考えました。


あくまで推測ですが、天候的に暑い日が続くとビールや飲料水、衣類系の株に買いが入って相場全体を底上げしたりするので、株に連れ高になっているということもあると思います。


5月と8月に、米国債の利払いの影響でドル安円高になる傾向があるので、その間に挟まれた7月は前後のドル売りの反動でドル買いになりやすい可能性もあります。


マーケットのボラティリティが高く、テクニカルを無視した動きが続くような時期は、このようなアノマリーに頼ってみても面白いかもしれませんね。


明確な根拠はありませんので、あくまで「へ~、そうなんだー」くらいにとってトレードに活用していただければと思います



過去の7月チャート


2019年7月ドル円チャート


2018年7月ドル円チャート


2017年7月ドル円チャート


2016年7月ドル円チャート


2015年7月ドル円チャート


2014年7月ドル円チャート


2013年7月ドル円チャート


2012年7月ドル円チャート


2011年7月ドル円チャート


2010年7月ドル円チャート


2009年7月ドル円チャート


2008年7月ドル円チャート


2007年7月ドル円チャート


2006年7月ドル円チャート


2005年7月ドル円チャート


2004年7月ドル円チャート


2003年7月ドル円チャート


2002年7月ドル円チャート


2001年7月ドル円チャート


2000年7月ドル円チャート


1999年7月ドル円チャート



【動画】7月は約70%の確率で円安になる


最終更新日 : 2021-03-28

管理人著書・雑誌紹介



書籍・DVD
・書籍『10万円からはじめるマナブ式FXスキャルピング・デイトレ入門』(成美堂出版)
・書籍『50万円を6900万円に増やした!マナブ式FX』 (成美堂出版)
・書籍『FXシステムトレード超入門』(成美堂出版)
・書籍『マナブ式FX トラッキングトレード入門』(実業之日本社)
・書籍『マナブ式FX必勝チャート』 (扶桑社)
・書籍『マナブ式FX』 (扶桑社)
・DVD「マナブ式FX 音と色でわかる売買チャンス!」(パン・ローリング)
・DVD「マナブ式FX ポジった瞬間 逆に行 ってしまうことをなくすハナシ」(パン・ローリング)
・DVD「テクニカルとファンダメンタルズを組み合わせたFXトレード」(パン・ローリング)
・メールマガジン 【勝率8割以上!?】毎日更新、よく当たるFX為替レート予想配信

掲載雑誌

・月刊FX攻略.com
・月刊ダイヤモンド ZAi (ザイ)
・月刊ットマネー
・Smart (スマート) FX
・SAPIO
・BIG tomorrow
・en SPA ! など多数

メールマガジン利用規約

  メールマガジン セミナー
料金 無料 3万円~10万円
提供方法 メール(毎日) メールマガジンにて告知(不定期)
内容 日々のFX為替レート予想や相場解説 FX業者や証券会社主催のセミナー講師。
実績 まぐまぐ!殿堂入り マネックス証券、カブドットコム証券、ひまわり証券、パンローリング株式会社、サンワードFX、GemTrade、PlanexTradeFXなど多数

1.メルマガへの登録を希望する場合、「登録」ボタンの押下で登録申し込みをするものとします。

2.登録アドレスに対し、当メルマガを配信できるものとします。

3.メルマガの内容の信頼性、正確性又は合法性等について、一切の責任を負いません。

4.メルマガで得た情報を利用する場合、それによって生じるすべての結果の責任を負うものとします。