【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

FX初心者でも勝てる、よく当たるFX為替予想を毎日無料公開しているブログです。FX攻略法や無料メールマガジン、動画配信でFXについて分かりやすく解説しています。

TOP >  MT4 >  【MT4】チャート上に手書き&簡単描画ツールインジケーター

【無料プレゼント】MT4売買シグナルインジケーター&無料3,000円

スプレッド比較と無料攻略法
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロドル キャッシュバック
マネーパートナーズ 0.0銭 0.3銭 0.5銭 0.3銭 0.3pips 当サイト限定
マル秘レポート
攻略法
GMOクリック証券 0.2銭 0.3銭 0.6銭 0.4銭 0.3pips 最大
30,000円
攻略法
みんなのFX 0.2銭 0.4銭 0.8銭 0.6銭 0.3pips 総額
1,000万円
攻略法
マネーパートナーズは期間限定キャンペーン
当サイト限定キャンペーン

【MT4】チャート上に手書き&簡単描画ツールインジケーター

\チャート上に手書きできる/

\色数重視の手書きツール/

\便利な描画ツールインジケーター/

MT4の描画ツールを便利にするインジケーター


チャートに手書きできる「HT_Paint」インジケーター


MQL5公式サイト



色数重視の「VR DRAW」インジケーター


MQL5公式サイト



線と四角を素早く描ける「Color Levels」インジケーター


MQL5公式サイト



図形描画しづらいMT4を使いやすくする


MT4の画面上部の「挿入」をクリックすると、ラインやチャネル、ギャン、フィボナッチ、図形や矢印が描画できます。


このように、MT4にはラインやテキストを書く機能が最初から入っているのですが、どうも使い勝手が悪いと言いますか、もっと自由に描画したい、というところがあります。


ただ、ちょっと使いづらいと言いますか、画一的なものしか描けないのと、色の変更などを行う時、右クリックしてラインのプロパティを表示して色を変えたりしないといけないので、操作がめんどくさいところがあります


そこで、もっと自由に描きたい、思いついたことや気になる値動きをすぐにメモしたい、早く記録したいから「もう手書きでいい」ということで、チャート上にすばやく手書きで描けるインジケーターと、より早くチャート上にラインを描画できるインジケーターを紹介します。


紹介するインジケーターは3つで、手書きで描けるようになる「HT Paint」と色数の多い「VR DRAW」、四角形&線を素早く描画できる「Color Levels」になります。


いずれも無料で、HT FX氏のサイトMetaTraderの公式サイトで公開されているものになります。


各ダウンロードの方法も、あわせて解説していきます。



「HT Paint」のダウンロード方法


HT FX氏のサイトへアクセス


「VR draw」を検索する


インジケーターを無料提供している、HT FX氏のサイトへアクセスします。


画面左にある検索ボックスへ「HT Paint」と入れて検索、上記解説ページが出てくるのでインジケーターをダウンロードしてください。


「HT Paint」の設定方法と使い方


「HT Paint」をチャートに適用する


「VR draw」を検索する


MT4上部メニューの「ファイル」から「データフォルダを開く」を選び、「MQL4」フォルダの「Indicators」へダウンロードしたHT Paintインジケーターを、コピーしてください。


MT4を再起動後、ナビゲーターパネルにある「HT Paint」をダブルクリックすると、チャート左上に表示されます。


色を選んでチャート上をドラッグする


「VR draw」を検索する


好きな色を選んでチャート上をドラッグすると、線を描くことができます。

 

左下の数字をクリックしキーボードで数値を入力すると、線の太さを変えられます。

 

左上のマウスのマークで収納すれば描画機能が解除、×は描画内容のすべて削除、矢印はひとつ前に戻る、になります。



「VR DRAW」のダウンロード方法


「VR draw」を検索する


「VR draw」を検索する


MQL5公式サイトにある検索ボックスに、「VR draw」と入力して、検索します。


検索結果に「VR DRAW」が出てくるので、クリックしてください。


MQL4ではなくMQL5となっていますが、このサイトはMT4とMT5の両方混じっているので、MT4用のインジケーターもダウンロードできるようになっています。


ダウンロードボタンをクリック


MQL5公式サイト


「VR DRAW」のページが表示されたら、画面左に出てくる「ダウンロード」ボタンをクリックします。


無料会員登録を行う


MQL5公式サイトへ無料会員登録する


ダウンロードするには無料会員登録が必要で、この登録画面が出てきたら会員登録を行ってください。


無料で登録できますし、メールアドレスあるいはFacebookやGmailがあれば、そのアカウントですぐログインすることができます。


左の「はい」ボタンをクリックする


MQL5公式サイトへ無料会員登録する


ログインして改めてダウンロードボタンをクリックすると、「すでにMetaTrader4をインストールしましたか? VR DRAWをインストールするためにMetaTrader4が必要です」とメッセージが表示されます。


右側の、「いいえ、私はMetaTrader4を持っていません」 をクリックするとMT5がダウンロードされてしまうので、あらかじめMT4を入れたのち、左の「はい」をクリックしてください。


この部分、下には「MetaTrader4をダウンロードする」と書いてあるのですが、実際にダウンロードされるのはMT5です。


MetaQuotes社はすでにMT4の開発を終了していて、本来であればMT5を広めたいと考えているのですが、実際には使い勝手が悪いのでMT4の方が普及していて、それを公式が無理やりMT5へ持っていこうとしている状態になります。


「VR DRAW」の設定方法と使い方


「VR draw」をチャートに適用する


「VR draw」をチャートに適用する


ダウンロードが完了すると、MT4ナビゲーターパネル内のMarketという部分に、 VR DRAWが入ったことが確認できます。


チャートへの入れ方は簡単で、ダブルクリックするだけです。


特に設定するものはないので、そのまま「OK」ボタンをクリックします。


チャート左上に表示される


「VR draw」の使用


「VR draw」のカラーパレット


VR DRAWインジケーターは、チャート左上に小さい四角として表示されます。


4つあるうち、一番上のVR-DRAWと書いてあるものは、VR DRAWを使うか使わないかの選択です。


四角1つの時は使わない状態なので、チャート上でドラッグするといつも通りチャートの移動、四角を4つ出したときはVR DRAWを使う状態なので、ドラッグするとラインが描画されます。


2つ目のColorはラインの色、3つ目のWidthはラインの太さ、1から12まで設定できます。 一番下のEraseは消しゴムで、描画したラインをすべて消します。個別に削除は出来ず、一括削除になります。


チャート上をドラッグすると描ける


「VR draw」による手書き1


「VR draw」による手書き2



VR DRAWインジケーターは、初期設定のままでもドラッグすればチャート上に描けます。


よく見ると、描かれたものはラインではなく四角形になっているのですが、本来ラインだったものがMT4のバージョンアップの影響で四角形に変わってしまったのだと思います。


これは直せないので、ラインに見えるように何度かなぞっていただければと思います。


消したい時は、一番下の四角のEraseをクリックすると消えます。


1回ドラッグしただけだと四角形が目立ってしまうので、何度かなぞっていただければと思います。


このように、素早く簡単に軽い感じでメッセージを書きたい場合、ちょっと友達に見せるとか、時間がないから手っ取り早く説明したい時など、そういった時にこのVR DRAWがすごく役に立ちます。


「Color Levels」のダウンロード方法


ログイン後にダウンロード


「Color Levels」のダウンロード方法


ライン描画をサポートするインジケーター「Color Levels」も、ダウンロード方法は同じです。


検索ボックスに「Color Levels」と入れて検索し、画面左側にある「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。


「Color Levels」の設定方法と使い方


Marketフォルダの中に出てくる


「Color Levels」のダウンロード方法


ダウンロードが完了すると、VR DRAWインジケーターと同じく、ナビゲーターパネルのMarketフォルダの中に入ります。


ダブルクリックし、「OK」ボタンをクリックしてください。


VR DRAWインジケーターと異なり、好みに応じて線の色や太さなどをパラメーターを設定することもできます。


チャート左上に表示


「Color Levels」のダウンロード方法


チャート左上に、四角形とラインが表示されました。


それぞれクリックすると下に表示されるので、それをドラッグして移動したりサイズを変えてみてください。


四角と線を素早く描画できる


「Color Levels」を使ってみたところ


緑色とオレンジ色の四角形、青と赤、白に塗りつぶされた四角形、青と赤のラインを手早く出現させ、操作することが可能です。


塗りつぶしの色は半透明になっているので、チャートの上に直接描画しても舌が透けて見えるようになっています。


描画インジケーターを組み合わせることも可能


Color LevelsインジケーターにVR DRAWインジケーターを合わせてみたところ


紹介した2つのインジケーターは、単独で使うだけでなく両方同時に使うことが可能です。


Color Levelsインジケーターで分析したところに、VR DRAWインジケーターを使って手書きで簡単に補足する、などの使い方が便利です。


【動画】手書きやポジポジ病を防ぐインジケーター5選

>


【動画】チャート上に手書き&描画インジケーター


\チャート上に手書きできる/

\便利な描画ツールインジケーター/

最終更新日 : 2021-08-20

FX会社別トレード方法

FX初心者でも分かる、FX会社別方法を紹介しています。

  • 松井証券FX 松井証券FX

    初心者向けに特化、比較ペアチャートの乖離トレードもできます。

  • GMOクリック証券 GMOクリック証券

    手厚いサポートのほか、バイナリや株取引、CFDも可能。

  • FXプライム byGMO FXプライム byGMO

    スキャルピングOK、1日当たりの上限もありません。

  • マネックスFX マネーパトナーズ

    100通貨からできるFX。多彩なキャンペーン実施中!

  • LINE FX LINE FX

    いつも使っているLINEが提供するFX、初心者でも簡単にトレードできる。

  • LINE FX FXブロードネット

    業界最高水準低スプレッド、トラッキングトレードも使える。

  • LIGHT FX LIGHT FX

    テキストマイニング技術と機械学習するAIが売買サインを表示。

  • ヒロセ通商 ヒロセ通商

    低スプレッドFXだけでなく、Lion食材も楽しみ。

  • ひまわり証券 ひまわり証券

    シンプルで分かりやすい、自動売買のループ・イフダンが使える。

  • マネースクウェア マネースクウェア

    特許取得済みの「トラリピ」なら、いたるところに罠を仕掛けることが可能。

  • DMMFX DMMFX

    FX口座数国内第1位、スプ極狭&ポイント還元!

  • 外為オンライン 外為オンライン

    安定したスプレッド、iサイクル注文が利用可能。

  • SBI FXトレード SBI FXトレード

    なんと、口座開設後ログインで500円入金中。

  • YJFX! YJFX!

    大人気スマホアプリ「Cymo」が利用可能。

【FX初心者】FXトレード方法など

FXの基礎

人気記事

FX応用編

管理人著書・雑誌紹介



書籍・DVD
・書籍『10万円からはじめるマナブ式FXスキャルピング・デイトレ入門』(成美堂出版)
・書籍『50万円を6900万円に増やした!マナブ式FX』 (成美堂出版)
・書籍『FXシステムトレード超入門』(成美堂出版)
・書籍『マナブ式FX トラッキングトレード入門』(実業之日本社)
・書籍『マナブ式FX必勝チャート』 (扶桑社)
・書籍『マナブ式FX』 (扶桑社)
・DVD「マナブ式FX 音と色でわかる売買チャンス!」(パン・ローリング)
・DVD「マナブ式FX ポジった瞬間 逆に行 ってしまうことをなくすハナシ」(パン・ローリング)
・DVD「テクニカルとファンダメンタルズを組み合わせたFXトレード」(パン・ローリング)
・メールマガジン 【勝率8割以上!?】毎日更新、よく当たるFX為替レート予想配信

掲載雑誌

・月刊FX攻略.com
・月刊ダイヤモンド ZAi (ザイ)
・月刊ットマネー
・Smart (スマート) FX
・SAPIO
・BIG tomorrow
・en SPA ! など多数

メールマガジン利用規約

  メールマガジン セミナー
料金 無料 3万円~10万円
提供方法 メール(毎日) メールマガジンにて告知(不定期)
内容 日々のFX為替レート予想や相場解説 FX業者や証券会社主催のセミナー講師。
実績 まぐまぐ!殿堂入り マネックス証券、カブドットコム証券、ひまわり証券、パンローリング株式会社、サンワードFX、GemTrade、PlanexTradeFXなど多数
※個人情報取り扱い等に関しては、まぐまぐ!会員規約をご覧ください。
Template Designed:*Essence Material:web material *Essence