【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

FX初心者でも勝てる、よく当たるFX為替予想を毎日無料公開しているブログです。FX攻略法や無料メールマガジン、動画配信でFXについて分かりやすく解説しています。

TOP >  ご連絡 >  WikiFXで気になるFX会社を調べてみよう

【無料プレゼント】MT4売買シグナルインジケーター&無料3,000円

スプレッド比較と無料攻略法
ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロドル キャッシュバック
マネーパートナーズ 0.0銭 0.3銭 0.5銭 0.3銭 0.3pips 当サイト限定
マル秘レポート
攻略法
GMOクリック証券 0.2銭 0.3銭 0.6銭 0.4銭 0.3pips 最大
300,000円
攻略法
みんなのFX 0.2銭 0.4銭 0.8銭 0.6銭 0.3pips 最大
50,000円
攻略法
マネーパートナーズは期間限定キャンペーン
当サイト限定キャンペーン

WikiFXで気になるFX会社を調べてみよう

WikiFX


FXの調査会社WikiFX


wikifx


FX業者を公平に審査


FXをやってみたいけれど、業者がたくさんあってどこを使ったら良いか分からない、海外FX業者を使いたいけれど安心して利用できる業者を知りたい、ということがあると思います。


こういった情報は、インターネットを検索すればある程度出てくるのですが、情報が古かったり信頼性に欠けるものもお送ります。


そこで今回紹介するWikiFXは、専門の調査会社でFX業者を公平に審査、評価している会社になります。


30か国、2,8万社以上のブローカーが調査されていて、日本で利用されているFX業者であれば、海外FX業者を含めほぼ網羅されていると言っても過言ではありません。


別途、監査・営業許可の照会、リスクの公開、信用の評価、プラットフォームの監視を行い、信用レポートを提供するなど、多くのサービスを提供しています。


調査数は徹底していて、例えばXMのような知名度の高い海外FX業者から、RCMやArenaTradeのようなマイナーなFX業者まで掲載されています。


なお、当ブログ管理人が調べたところ、RCMやArenaTradeは実体のないバーチャルオフィスで、詐欺の一種であるポンジスキームに利用されていると思われるのですが、そのようなひっそりと詐欺活動を行っている業者までしっかり載っていました


一部、スマホアプリ限定の機能もあるため、Webサイト上で見れない場合はWikiFXのアプリを入れて確認してみてください。



WikiFXの主な特徴
  1. 30か国、2,8万社以上のブローカーを調査
  2. 国内FX業者だけでなく、海外FX業者も網羅
  3. 評価スコアで信頼性が一目でわかる
  4. 場合によっては現地調査も行う徹底ぶり
  5. 公共機関の情報で透明性が高い
  6. 公表されているライセンスや登記情報の信憑性が分かる
  7. 詳細レポートでサーバの場所やIPアドレスも判明
  8. 利用者の口コミ情報やトラブル事例が分かる
  9. ブラックリストに入っているFX業者が分かる
  10. スマホアプリの機能が充実している

評価スコアと現地調査


評価スコアと現地調査


過去チャートとの一致率を数値でお知らせ


一口にFX業者を評価すると言っても、数多くの指標や項目があって、複雑そうに思われるかもしれません。


その部分に関し、WikiFXでは視覚的に表した「スコア」という形で分かりやすく表示してくれています。


スコアは、0(低)~10(高)の範囲で、ライセンス指数、事業指数、リスク指数、ソフトウェア指数、規制指数の5つの指標を総合的に評価したポイント。


目安としては8ポイント以上が安全圏で、日本国内で金融庁へ登録されているFX業者であればすべてクリアしています。


逆に、8ポイント以下だといずれかの指標に問題があり、利用する際には出金の遅延や停止などのリスクを覚悟する必要が出てきます。


さらに心配なトレーダーのために、現地調査を行って本当に事務所が存在しているのかを調べるなど徹底したところも特徴的。


例えば、下の写真は日本人が最もよく利用している海外FX業者のXMですが、WikiFXの社員が実際に現地へ行き、確かにその場を訪問したという証拠写真や事務所の様子もWeb上に公開されています。


逆に言えば、スコアが低く現地調査が行われていないようなFX業者は利用すべきではない、と言い切ることができます。


XMの現地調査の様子


XM現地調査


XM現地調査


真相公開の口コミ機能も大きな特徴


真相公開という口コミ機能も大きな特徴


口コミで利用者の感想を見てみよう


WikiFXでさらに特徴的なものに、「真相公開」という機能があります。


これは、分かりやすく言うと「口コミ」の機能で、対象のFX業者を使ってみた感想や問題点が投稿されています。


真相公開は、画面上部の「真相公開」から閲覧できます。


このような口コミサイトはインターネット上でよく見かけますが、内容が間違っていていい加減なものだったり、途中でサイトそのものが無くなってしまうことがあります。


しかし、WikiFXはFX業者を調査している法人なので、サイトが突然なくなってしまうことはありません。


真相公開として投稿された内容はすぐには反映されず、WikiFXのスタッフがその信頼を確認してから公開される仕組みになっています。


投稿自体は誰でもできますから、みなさんも気になったことがあれば投稿してみてください。


スコア8以上のFX業者が安心


20210805_wiki4.jpg


国内業者の安全性を確認


それでは、具体的にWikiFXを使ってFX業者の評価を見てみましょう。


調べたいFX業者を検索ボックスに入れると表示されるので、まずはスコアを見てみてください。


例えば、国内業者であるSBI証券。


ネット証券大手でもちろん金融庁へ登録されていますから、スコアは10点満点中9.26点と高得点をマークしています。


画面左のライセンス情報をクリックすると、金融庁へ登録されていることをWikiFXが確認したという内容が表示されます。



金融庁のライセンスを確認


20210805_wiki12.jpg


低スコアは詐欺FX業者の可能性大


詐欺FX業者のRegal Core Markets(RCM)


出金停止に陥り、多数の被害者が出た


逆に、スコアや信頼性の低いFX業者はどうなっているでしょうか?


ここでは、入金したものの出金停止になって、現在もお金が戻ってこないRegal Core Markets(RCM)を例に挙げてみます。


RCMはポンジスキーム、いわゆる投資詐欺に利用されていたFX業者で、FXの自動売買やアービトラージ取引などで取引履歴を改ざんして儲かっているように見せ、参加者の出金依頼が多くなってきたところで音信不通となり資金を持ち逃げしました。


事前にWikiFXを見ていたトレーダーであれば、すでに真相公開で情報が寄せられていたため、騙されることはなかったでしょう。



出金停止に陥り、多数の被害者が出た


20210805_wiki8.jpg


真相公開を見ると、「出金できない」、「KYC認証を行ったがその後の連絡がない」、「金融庁(財務局)から無登録業者で警告書を発出した」などの口コミが出てきました。


このような情報をWikiFXで事前に確認しておけば、RCMを使おうと思う人は出なかったはずです。


当初取得していたバヌアツの金融ライセンスははく奪、金融庁からも海外の無登録業者であり警告書を発出するなど、WikiFXの調査結果どおりの結果となっています。



スマホアプリでさらに詳細な分析が可能


RCMバヌアツライセンスの取り消し


詳細レポートでIPアドレスなども分かる


パソコン上で利用できる機能には少し制限があり、より詳しく分析したい場合にはWikiFXのアプリを入れることをお勧めします。


もちろん無料で使えますし、パソコン版では閲覧できなかった詳細な調査情報が見れるので、海外FX業者を利用するときは特に試してみてください。


例えばRCMの場合、バヌアツのライセンスが取り消されリスクはとても高いことに加え、メールアドレスなどの連絡先、サーバの場所やIPアドレス、MT4のサーバのアドレス、各項目における評価、真相公開の現状などの詳細情報をレポートとして見ることが可能になっています。


WikiFXの協力のもと、ポンジスキーム詐欺を暴いた動画を作りましたので、次項目も参考にしてみてください



RCMの詳細レポート


RCM詳細レポート、リスクが高い


RCM詳細レポート、問い合わせ先など


RCM詳細レポート、バヌアツライセンスが取り消し


RCM詳細レポート、MT4サーバの場所など


【動画】RCMもトンヅラ!ジュビリーエースとジェンコはグル


【動画】暴露 GTRはバーチャルオフィスでした


最終更新日 : 2021-08-06

FX会社別トレード方法

FX初心者でも分かる、FX会社別方法を紹介しています。

  • 松井証券FX 松井証券FX

    初心者向けに特化、比較ペアチャートの乖離トレードもできます。

  • GMOクリック証券 GMOクリック証券

    手厚いサポートのほか、バイナリや株取引、CFDも可能。

  • FXプライム byGMO FXプライム byGMO

    スキャルピングOK、1日当たりの上限もありません。

  • マネックスFX マネーパトナーズ

    100通貨からできるFX。多彩なキャンペーン実施中!

  • LINE FX LINE FX

    いつも使っているLINEが提供するFX、初心者でも簡単にトレードできる。

  • LINE FX FXブロードネット

    業界最高水準低スプレッド、トラッキングトレードも使える。

  • LIGHT FX LIGHT FX

    テキストマイニング技術と機械学習するAIが売買サインを表示。

  • ヒロセ通商 ヒロセ通商

    低スプレッドFXだけでなく、Lion食材も楽しみ。

  • ひまわり証券 ひまわり証券

    シンプルで分かりやすい、自動売買のループ・イフダンが使える。

  • マネースクウェア マネースクウェア

    特許取得済みの「トラリピ」なら、いたるところに罠を仕掛けることが可能。

  • 日興FX 日興FX

    初心者でも簡単、FXが500円からできるイージートレード。

  • DMMFX DMMFX

    FX口座数国内第1位、スプ極狭&ポイント還元!

  • 外為オンライン 外為オンライン

    安定したスプレッド、iサイクル注文が利用可能。

  • SBI FXトレード SBI FXトレード

    なんと、口座開設後ログインで500円入金中。

  • 外貨ex byGMO株式会社 外貨ex byGMO株式会社

    大人気スマホアプリ「外貨ex」が利用可能。

【FX初心者】FXトレード方法など

FXの基礎

人気記事

FX応用編

管理人著書・雑誌紹介



書籍・DVD
・書籍『10万円からはじめるマナブ式FXスキャルピング・デイトレ入門』(成美堂出版)
・書籍『50万円を6900万円に増やした!マナブ式FX』 (成美堂出版)
・書籍『FXシステムトレード超入門』(成美堂出版)
・書籍『マナブ式FX トラッキングトレード入門』(実業之日本社)
・書籍『マナブ式FX必勝チャート』 (扶桑社)
・書籍『マナブ式FX』 (扶桑社)
・DVD「マナブ式FX 音と色でわかる売買チャンス!」(パン・ローリング)
・DVD「マナブ式FX ポジった瞬間 逆に行 ってしまうことをなくすハナシ」(パン・ローリング)
・DVD「テクニカルとファンダメンタルズを組み合わせたFXトレード」(パン・ローリング)
・メールマガジン 【勝率8割以上!?】毎日更新、よく当たるFX為替レート予想配信

掲載雑誌

・月刊FX攻略.com
・月刊ダイヤモンド ZAi (ザイ)
・月刊ットマネー
・Smart (スマート) FX
・SAPIO
・BIG tomorrow
・en SPA ! など多数

メールマガジン利用規約

  メールマガジン セミナー
料金 無料 3万円~10万円
提供方法 メール(毎日) メールマガジンにて告知(不定期)
内容 日々のFX為替レート予想や相場解説 FX業者や証券会社主催のセミナー講師。
実績 まぐまぐ!殿堂入り マネックス証券、カブドットコム証券、ひまわり証券、パンローリング株式会社、サンワードFX、GemTrade、PlanexTradeFXなど多数
※個人情報取り扱い等に関しては、まぐまぐ!会員規約をご覧ください。
Template Designed:*Essence Material:web material *Essence