【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

FX初心者でも勝てる、よく当たるFX為替予想を毎日無料公開しているブログです。FX攻略法や無料メールマガジン、動画配信でFXについて分かりやすく解説しています。

TOP >  今日のFX為替相場予想 >  2022年2月3日のFX為替相場予想

2022年2月3日のFX為替相場予想

追記:ロンドン時間以降の予想

更新時間:16:49

ポンド円 155.27 上昇 (4時間足)↑

予想レンジ 155.00~156.00


上昇が継続していますが、トリックスは赤色に変わりました。
いったん、様子見とします。


FX為替相場予想チャート


株安で小幅にドル高


日経平均株価は、-292円安の27241円と反落しました。時間外で、欧米株とも下落。


ドル円は+15銭ほど上昇、クロス円は若干下落しています。


このあと、22時30分に米新規失業保険申請件数、23時45分に米1月PMI、24時に米1月ISM非製造業景況指数と米12月製造業新規受注が発表されます。




ドル円は買いシグナル発生


昼過ぎ、3日ぶりに買いシグナルが出ました。

ややドル買い優勢なので、114.80円付近までは戻すと見ています。


ドル円シグナルチャート


経済指標

★★★
22:30 (米) 前週分新規失業保険申請件数
前回:26.0万件 予想:25.0万件
★★★
23:45 (米) 1月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
前回:50.9 予想:50.9
★★★
23:45 (米) 1月総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)
前回:50.8 予想:-
★★★★
24:00 (米) 1月ISM非製造業景況指数(総合)
前回:62.0(62.3) 予想:59.0
★★★
24:00 (米) 12月製造業新規受注(前月比)
前回:1.6% 予想:-0.2%


【原油高と相関係数】豪ドルとカナダドルの上昇を予想



【FX】OANDAオーダーブックの使い方とMT4インジケーター



本日の予想通貨ペア

※水・木・金は追記が遅れます


ポンド円 155.32 上昇 (4時間足)↑
予想レンジ 155.00~156.00


THV V4による分析


ファストトリックスが緑色に変わりました。
買いが続くと予想します。


FX為替相場予想チャート



前日の概要


NYダウは+295ドル高、日経平均株価も+455円高の27533円と上昇しました。


ドル円は一時114.17円まで下落クロス円は小幅に上昇しています。


前日の結果


・ダウ平均 35657.09(+252.06 +0.73%)
・日経平均 27465.00(+300.00 +1.10%)
・金・ゴールド 1810.30(+8.80 +0.49%)
・原油・WTI 88.26(+0.06 +0.07%)


経済指標

★★★
22:15 (米) 1月ADP雇用統計(前月比)
前回:80.7万人 予想:20.8万人 結果:-30.1万人


本日のFX戦略


ポイント


△強気材料:NYダウの4日続伸
▽弱気材料:米利回りの低下
◆ドル円は一時114.17円まで下落
◆クロス円は小幅に買われる
◆米10年債利回りは1.781%へ低下
◆ドルストレートは上昇
◆米国株は4日続伸
◆欧州株は小幅に買われる
◆原油は小幅高
◆金は+8ドル高
◆22時30分に米新規失業保険申請件数が発表
◆23時45分に米1月総合PMIなどが発表
◆24時に米1月ISM非製造業景況指数などが発表
◆日経平均先物は-68円安の27465円
☆ややドル安、他通貨は堅調と予想


米国株は買戻し優勢


昨晩のNYダウは買戻しが続き、+252ドル高と4日続伸しました。


ナスダックも+0.45%と4日続伸しましたが、こちらは陰線引けでやや弱め


全体的には買い優勢で、悪材料の出た銘柄のみ売られた印象です。



アルファベットの売上高・利益が、ともに過去最高となったことで+8.33%と急伸


同じく決算が発表されたAMDも、前年比27%増となったことで+5.49%と大きく買われています


対照的に、口座数の伸びが鈍化したうえ純利益が49%減となったペイパルが、-24.82%と見切り売りに押されました


テーマ別株価変動率

GAFAM +1.72%
半導体 +0.06%
旅行レジャー -1.97%
インフラ投資 -0.44%
石油・エネルギー +0.02%
海運 -0.03%
銀行 +0.16%
電気自動車(EV) -0.56%
新型コロナワクチン -1.15%
軍需産業 +0.76%
暗号資産関連 -1.83%


米主要企業決算発表予定


2/3(木)
アマゾンドットコム
ハネウェル
フォードモーター
メルク


NYダウチャート(日足)

NYダウチャート(日足)


ナスダックチャート(日足)

ナスダックチャート(日足)



利上げ前にポンド買いが続く


ドル円は売りが続き、一時114.17円まで下押しする場面がありました。


明日の米雇用統計の前哨戦となる米1月ADP雇用統計が、-30.1万人と予想20.8万人を下回ってドル売り材料に。


米10年債利回りは1.781%へ低下、ややドル売りの地合いと予想します。



ドルストレートの上昇により、クロス円は下げ渋って小幅程度上昇


特に、本日利上げすると見られるポンド円は7日続伸するなど買い優勢今後は、5月あたりまで利上げして政策金利を1%にするとの見通しが出ています。


米10年債利回り

米10年債利回り



ポンド円チャート(日足)

ポンド円チャート


商品相場は小幅に上昇


金はじり高で買い継続、+8ドル高と1800ドル台を維持しました。


米利回りの上昇一服で、しばらくは1800ドル台での値固めと予想



原油も小幅に続伸、一時89.69ドルの高値を付ける場面もありました


ただ、テクニカル的に過熱感が高く、いったん88ドル台へ下落


昨晩発表された米原油在庫統計は、-104.7万バレルと予想180.0万バレルに対し減少していたものの、高値では利食い売りに押されると予想しています。


金・ゴールドチャート(日足)

金・ゴールドチャート


原油チャート(日足)

原油チャート


ドル円 注文状況


日経平均先物は、時間外で-68円安の27465円と小幅反落しました。


ドル円はじり安となったものの、欧米株が上昇しクロス円は堅調なので、売り一巡後は買戻しが強まると予想



ドル円の下値は114.00円がサポートライン上値は114.50円や114.85円がレジスタンスラインになっています。


明日の雇用統計を前にやや様子見、引き続き114円台での推移と予想します。


ドル円板情報

ドル円板情報



経済指標

★★★
22:30 (米) 前週分新規失業保険申請件数
前回:26.0万件 予想:25.0万件
★★★
23:45 (米) 1月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
前回:50.9 予想:50.9
★★★
23:45 (米) 1月総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)
前回:50.8 予想:-
★★★★
24:00 (米) 1月ISM非製造業景況指数(総合)
前回:62.0(62.3) 予想:59.0
★★★
24:00 (米) 12月製造業新規受注(前月比)
前回:1.6% 予想:-0.2%


OANDAオーダーポジション


【オープンオーダー】 オレンジ:指値注文、青:逆指値注文
【オープンポジション】 オレンジ:含み益、青:塩漬け



最終更新日 : 2022-02-03

管理人著書・雑誌紹介



書籍・DVD
・書籍『10万円からはじめるマナブ式FXスキャルピング・デイトレ入門』(成美堂出版)
・書籍『50万円を6900万円に増やした!マナブ式FX』 (成美堂出版)
・書籍『FXシステムトレード超入門』(成美堂出版)
・書籍『マナブ式FX トラッキングトレード入門』(実業之日本社)
・書籍『マナブ式FX必勝チャート』 (扶桑社)
・書籍『マナブ式FX』 (扶桑社)
・DVD「マナブ式FX 音と色でわかる売買チャンス!」(パン・ローリング)
・DVD「マナブ式FX ポジった瞬間 逆に行 ってしまうことをなくすハナシ」(パン・ローリング)
・DVD「テクニカルとファンダメンタルズを組み合わせたFXトレード」(パン・ローリング)
・メールマガジン 【勝率8割以上!?】毎日更新、よく当たるFX為替レート予想配信

掲載雑誌

・月刊FX攻略.com
・月刊ダイヤモンド ZAi (ザイ)
・月刊ットマネー
・Smart (スマート) FX
・SAPIO
・BIG tomorrow
・en SPA ! など多数

メールマガジン利用規約

  メールマガジン セミナー
料金 無料 3万円~10万円
提供方法 メール(毎日) メールマガジンにて告知(不定期)
内容 日々のFX為替レート予想や相場解説 FX業者や証券会社主催のセミナー講師。
実績 まぐまぐ!殿堂入り マネックス証券、カブドットコム証券、ひまわり証券、パンローリング株式会社、サンワードFX、GemTrade、PlanexTradeFXなど多数

1.メルマガへの登録を希望する場合、「登録」ボタンの押下で登録申し込みをするものとします。

2.登録アドレスに対し、当メルマガを配信できるものとします。

3.メルマガの内容の信頼性、正確性又は合法性等について、一切の責任を負いません。

4.メルマガで得た情報を利用する場合、それによって生じるすべての結果の責任を負うものとします。