【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

FX初心者でも勝てる、よく当たるFX為替予想を毎日無料公開しているブログです。FX攻略法や無料メールマガジン、動画配信でFXについて分かりやすく解説しています。

TOP >  今日のFX為替相場予想 >  2022年4月12日のFX為替相場予想

2022年4月12日のFX為替相場予想

追記:ロンドン時間以降の予想

更新時間:15:02

ドル円 125.41 上昇 (4時間足)↑

予想レンジ 125.00~126.00


上昇トレンドが継続しています。
ただ、トリックスが赤色に変わったため、いったん様子見とします。


FX為替相場予想チャート


株安の中、為替は引き続き円安に


日経平均株価は、-486円安の26334円と続落しました。時間外で、欧米株とも下落。


ただ、ドル円は+15銭ほど上昇、クロス円も連れ高となっています。


このあと、21時30分に米3月消費者物価指数(CPI)が発表されます。




ドル円は買いシグナル発生中


2日前に買いシグナルが出て以降、上昇トレンドが続いています。

このあとも、高値圏での推移と予想します。


ドル円シグナルチャート


経済指標

★★★
21:30 (米) 3月消費者物価指数(CPI)(前月比)
前回:0.8% 予想:1.2%
★★★
21:30 (米) 3月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
前回:7.9% 予想:8.4%
★★★
21:30 (米) 3月消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)
前回:0.5% 予想:0.5%
★★★
21:30 (米) 3月消費者物価指数(CPIコア指数)(前年同月比)
前回:6.4% 予想:6.6%


【原油高と相関係数】豪ドルとカナダドルの上昇を予想



【MT4】売買シグナルインジケーターVQ1・VQ2の導入と使い方



本日の予想通貨ペア


ドル円 125.36 上昇 (4時間足)↑
予想レンジ 125.00~126.00


THV V4による分析


トリックスが同色の緑色でクロス、上昇トレンドとなっています。
買いが続くと予想します。


FX為替相場予想チャート



前日の概要


NYダウは+137ドル高日経平均株価は-164円安の26821円と下落しました。


ドル円は一時125.76円まで上昇、クロス円も全面高となっています。


前日の結果


・ダウ平均 34309.40(-411.72 -1.19%)
・日経平均 26790(-30 -0.11%)
・金・ゴールド 1948.20(+2.60 +0.13%)
・原油・WTI 94.29(-3.97 -4.04%


経済指標

特になし


本日のFX戦略


ポイント


△強気材料:米利回りの上値追い
▽弱気材料:NYダウや原油の下落
◆ドル円は一時125.76円まで上昇
◆クロス円も全面高
◆米10年債利回りは2.786%と上値追い
◆ドルストレートは豪ドルが売られる
◆米国株は売りに押される
◆欧州株は-0.4~0.6%安
◆原油は-4%安
◆金は+2ドル高
◆21時30分に米3月消費者物価指数が発表
◆日経平均先物は-92円安の26729円
☆株安ドル高の地合いと予想


IT・ハイテク株中心に売られる


昨晩のNYダウは売りに押され、-411ドル安と急反落しました。


ナスダックは下窓を開けてスタート、-2.18%安と大きく下落しています。


いずれも急速な米利回りの上昇が警戒され、特にIT・ハイテク株への売りが目立ちました



マイクロソフト-3.94%、アルファベット-3.15%、アップル-2.55%と時価総額上位が大きく下落


テスラ-4.83%、アマゾン-2.16%、ホームデポ-1.41%と一般消費財も下落


ファイザー-2.25%など、ワクチン関連にも調整が入っています



一方、アナリストが「買い」とした大手情報通信のAT&Tが+7.46%と急伸


米利回りの恩恵を受ける銀行株が堅調、ウェルズファーゴ+1.23%と買われましたが、上昇は一部の銘柄に限られました


テーマ別株価変動率

GAFAM -2.86%
半導体 -2.42%
旅行レジャー -0.73%
石油・エネルギー -2.36%
海運 -3.52%
銀行 -0.41%
電気自動車(EV) -0.99%
軍需産業 -0.14%
金投資 -0.39%
メタバース -1.45%
暗号資産関連 -1.44%


NYダウチャート(日足)

NYダウチャート(日足)


ナスダックチャート(日足)

ナスダックチャート(日足)


米主要企業決算発表予定


4/13(水)
JPモルガンチェース
ブラックロック


4/14(木)
ユナイテッドヘルス
ウェルズ・ファーゴ
モルガン・スタンレー
ゴールドマン・サックス・グループ
シティグループ


ドル円は125円台を回復


週明けのドル円は買いが続き、125円台乗せとなりました。


一時125.76円まで上昇、その後買いは一服しましたが、125.30円付近を維持しています。


米10年債利回りは2.786%と上値追い、2015年に付けた125.85円の高値を試すと予想しています。



クロス円も連れ高となりましたが、ドルストレートの下落で後半にかけ失速


通貨別には、来月5月4日のFOMCで追加利上げが見込まれているドルが強く、ドル独歩高の地合いと予想


円売りも入っているようなので、クロス円は高値圏での推移となるでしょう。


米10年債利回り

米10年債利回り



CME FedWatch

CME FedWatch



原油への売りが続く


金は+2ドル高と小幅高程度大きく動いたあと行って来いとなりました


一時1970ドルの高値を付けたあと、前日終値付近へ急失速しています。


ただ、1950ドル付近は維持しており、米利回りを見ながらの推移となるでしょう。



原油は売りに押され、-4%安で94ドル台へ下落


100ドルの節目を割れて以降、下降トレンド入りしています。


原油在庫が増加していることで、調整の地合い継続と予想します。


金・ゴールドチャート(日足)

金・ゴールドチャート(日足)



原油・WTIチャート(日足)

原油・WTIチャート(日足)



ドル円 注文状況


日経平均先物は、時間外で-92円安の26729円と続落しました。


円安は進んでいるものの、欧米株安により日本株も売りに押されると予想



ドル円の下値は125.20円や125.00円がサポートライン上値は125.70~125.80円がレジスタンスラインになっています。


今晩は、21時30分発表の米3月消費者物価指数に注目


前月比で前回値0.8%に対し予想1.2%、一段とインフレが進んでいればドルとってプラス材料となります。


ドル円板情報

ドル円板情報



経済指標

★★★
21:30 (米) 3月消費者物価指数(CPI)(前月比)
前回:0.8% 予想:1.2%
★★★
21:30 (米) 3月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
前回:7.9% 予想:8.4%
★★★
21:30 (米) 3月消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)
前回:0.5% 予想:0.5%
★★★
21:30 (米) 3月消費者物価指数(CPIコア指数)(前年同月比)
前回:6.4% 予想:6.6%


OANDAオーダーポジション


【オープンオーダー】 オレンジ:指値注文、青:逆指値注文
【オープンポジション】 オレンジ:含み益、青:塩漬け



最終更新日 : 2022-04-12

管理人著書・雑誌紹介



書籍・DVD
・書籍『10万円からはじめるマナブ式FXスキャルピング・デイトレ入門』(成美堂出版)
・書籍『50万円を6900万円に増やした!マナブ式FX』 (成美堂出版)
・書籍『FXシステムトレード超入門』(成美堂出版)
・書籍『マナブ式FX トラッキングトレード入門』(実業之日本社)
・書籍『マナブ式FX必勝チャート』 (扶桑社)
・書籍『マナブ式FX』 (扶桑社)
・DVD「マナブ式FX 音と色でわかる売買チャンス!」(パン・ローリング)
・DVD「マナブ式FX ポジった瞬間 逆に行 ってしまうことをなくすハナシ」(パン・ローリング)
・DVD「テクニカルとファンダメンタルズを組み合わせたFXトレード」(パン・ローリング)
・メールマガジン 【勝率8割以上!?】毎日更新、よく当たるFX為替レート予想配信

掲載雑誌

・月刊FX攻略.com
・月刊ダイヤモンド ZAi (ザイ)
・月刊ットマネー
・Smart (スマート) FX
・SAPIO
・BIG tomorrow
・en SPA ! など多数

メールマガジン利用規約

  メールマガジン セミナー
料金 無料 3万円~10万円
提供方法 メール(毎日) メールマガジンにて告知(不定期)
内容 日々のFX為替レート予想や相場解説 FX業者や証券会社主催のセミナー講師。
実績 まぐまぐ!殿堂入り マネックス証券、カブドットコム証券、ひまわり証券、パンローリング株式会社、サンワードFX、GemTrade、PlanexTradeFXなど多数

1.メルマガへの登録を希望する場合、「登録」ボタンの押下で登録申し込みをするものとします。

2.登録アドレスに対し、当メルマガを配信できるものとします。

3.メルマガの内容の信頼性、正確性又は合法性等について、一切の責任を負いません。

4.メルマガで得た情報を利用する場合、それによって生じるすべての結果の責任を負うものとします。